トイレについて 猫のお世話 食事について

猫を1泊以上お留守番させるときの準備

2015/12/09

Romina, the standing cat | gatto | chat

image by Paolo Margari (Flickr)

 

もともと単独行動をする猫にとって、お留守番は嫌なことではありません。

また、猫はなわばり意識の強い動物なので、家(なわばり)以外の場所へ連れて行かれることがストレスとなってしまう場合が多いでしょう。

その為、飼い主さんが旅行などで家を空けるときは、お留守番をさせるようにすることをお勧めします。

猫は1泊までであれば、ひとりでお留守番をすることができますが、食事やトイレなどの準備はきちんとしてから出かけるようにしてください。

2泊以上家を空ける場合は誰かにお世話をお願いする必要があるので、その点も考えてお留守番の準備を進めて行きましょう。

 

猫だけのお留守番

猫だけでお留守番させるのが心配な場合は、ペットホテルや動物病院、ペットシッターなどにお世話をお願いしましょう。

ただ、猫は1泊までであれば、ひとりでお留守番させることが可能です。

(※子猫や持病がある猫の場合は、ひとりでお留守番させるのは避けてください)

 

【猫だけでお留守番させるときの準備】

食事 ドライフードをたっぷり用意しておきましょう。
エサが自動的に補充される自動給餌器を準備しておくのも良いでしょう。
水飲み場は数ヵ所設置しておきます。
または、給餌と給水が一体型になった自動給餌器もあるので、それを使うと便利でしょう。
トイレ トイレをキレイにしてから出かけましょう。
また、猫はトイレが汚いと粗相をすることがあるので、予備も設置しておくと良いでしょう。
温度管理 特に、暑い夏や寒い冬に留守番させるときは、エアコンなどでの室温調節を忘れずに。
危険なもの 感電を防ぐために、コンセントを抜いたり、触れないようにしておきましょう。
また、猫の生活範囲内に危険なものを置かないようにしましょう。

 

ペットホテルや動物病院でのお留守番

●ペットホテル

ペットホテルを利用する場合は、清潔な施設か個室があるかなど、よく調べてから猫を預けるようにしましょう。

万が一、事故が起きてしまったときの補償についても確認を忘れずに。

また、ワクチン接種を済ましていないとほとんどのペットホテルでは預けられません。

猫を預けるときは、フードやおもちゃなどを持参できるかも聞いてみましょう。

 

●動物病院

動物病院は他の動物もいる場所なので、猫によってはストレスを抱えることがあるでしょう。

ただ、体調が悪くなってしまったときに診てもらえるので、それは安心な点でもあります。

薬を飲ませなければいけない場合などは、カルテのある病院に預けるようにしましょう。

 

ペットシッターとのお留守番

ペットシッターや親戚などに家に来てもらって猫のお世話をお願いするときは、「初めまして」を避けましょう。

お世話をお願いする日より前に、猫とペットシッターさんが顔をあわせる機会を設け、慣れさせておくことが大切です。

 

また、お世話をお願いするときは、いつもの食事量や時間帯、猫が喜ぶ遊び方、トイレ掃除の方法、動物病院の連絡先と場所、飼い主さんの連絡先などを忘れずに伝えておくようにしましょう。

 

-トイレについて, 猫のお世話, 食事について
-