コミュニケーションの取り方

なついてくれない理由~猫が苦手なタイプとは?~

2016/01/02

Ow! My skin!

image by Daniel Hoherd (Flickr)

 

「飼い始めて数年経つのになついてくれない」、「家族の中で私にだけなつかない」・・・ということがあるでしょう。

可愛がっている猫がなついてくれないことは、飼い主にとってはショックですよね。

ただ、なつかない猫にはそれなりの理由があるそうなので、今回はその理由について紹介したいと思います。

 

もともと人間になつきづらい

猫が生後3か月頃までに飼い始めると、人間になつきやすい傾向にあります。

しかし、野良猫出身であったり、成猫になってから飼い始めた場合は警戒心が強いため、なつくまでに時間がかかると言われています。

飼い主さんになつくまでに数年かかったケースもあるそうです。

 

なつきづらい猫に対しては、時間をかけてゆっくりと警戒心を解いていきましょう。

子猫を迎えたときと同じように、最初は必要以上に触ったり構ったりせず、同じ部屋で暮らすことに慣らしていくことが大切です。

そうすることで徐々に、「飼い主さんは怖くない」ということを理解していくでしょう。

焦らず気長に愛情を注ぎましょう。

 

猫が苦手なタイプ

猫と人の間にも、相性の良し悪しはあります。

ただ、猫は、声が高くて行動がゆっくりしている人を好むと言われています。

基本的に、声の大きな人や低い人、予想がつかない動きをする人などは苦手なタイプです。

猫が苦手なタイプに当てはまるのは、男性や子供であることが多いでしょう。

もし、なぜだか分からないけれど、家族の中でお父さんや小さな子供にだけなつかないとしたら、これらが原因かもしれません。

 

なついてくれないからと言って、こちらからしつこく構ってしまうと逆効果です。

猫を遊びに誘うときはリラックスしているときを見計らうなど、猫の邪魔はしないようにしましょう。

 

-コミュニケーションの取り方