ノミ・ダニ

ノミの駆除と予防

2016/01/27

なごむ

image by Ellie (Flickr)

 

前回は、「猫の体に“ノミ”が寄生しやすい環境」という記事を書かせて頂きました。

では、寄生してしまったノミを猫の体から駆除するためにはどうすればいいのでしょうか・・・。

今回は、ノミの駆除方法や予防方法について紹介したいと思います。

 

ノミの駆除方法

前回の記事でも触れましたが、ノミが寄生してしまった猫は、皮膚炎・貧血・下痢などの症状が見られたり、体をかく・かむといった行動が増えます。

また、毛に黒い粒(ノミの糞)がついていることもあります。

このような変化が現れた場合は、ノミの寄生を疑いましょう。

 

ノミの駆除には次のような方法があります。

専用薬 ノミの駆除には、専用薬を使うのが一般的でしょう。

猫の首にたらすスポットタイプ、猫の体に墳霧するスプレータイプなどがあります。

動物病院で購入できるので、担当医と相談して決めることをお勧めします。

クシ ノミをとるクシを使う方法もあります。

とれたノミや卵をつぶしてしまうと飛び散る可能性があるので慎重に。

ノミや卵は台所用洗剤などにつけて退治します。

シャンプー ノミとり用シャンプーを使うとノミを直接駆除できますが、クシと同じようにノミや卵をつぶさないように気をつけましょう。

シャンプーは、頭→首→背中と上から下に向かって洗っていきます。

駆除には様々な方法がありますが、効果的だと言われているのは「専用薬」です。

初めて猫を飼われた方でも使いやすいのでお勧めです。

また、使い方が分からない場合でも、獣医師にその旨を伝えれば教えてもらえるので安心でしょう。

 

ノミの予防方法

予防方法は、やはり、部屋の清潔を保つに限ります。

猫の体にノミを発見してしまった場合、部屋にもノミが存在するということなので、特に猫の生活範囲内は欠かさず掃除するようにしてください。

 

ホコリがあるとノミの発生につながってしまうため、掃除機はもちろん、カーペットなどは粘着クリーナー(コロコロ)を使うとよいでしょう。

また、猫が使っているタオルやベッドなどもこまめに洗濯するようにしましょう。

 

-ノミ・ダニ