猫をしつけするときのポイント

猫のしつけ~乗ってほしくない場所に乗らせない方法~

2015/12/12

食品棚チェック

image by benichidori (Flickr)

 

猫は高い場所を好みますが、飼い主としては乗ってほしくない場所もありますよね。

また、キッチンのコンロの上などに乗ってしまうと猫にとって非常に危険です。

猫を叱ったところで改善される問題ではないので、乗ってほしくない場所には乗らせない工夫をしましょう。

一番いいのは、乗ってほしくない場所がある部屋に入れないことですが難しい場合もありますよね。

ここでは、乗ってほしくない場所に乗らせない方法を紹介したいと思います。

 

乗るスペースをなくす

乗ってほしくない場所がタンスなどの家具の場合、その上に物を置いてしまいましょう。

物を置くときのポイントは、スペースをなくすことです。

猫は足場がないスペースには飛び乗ろうとはしません。

「このタンスの上には乗れない」ということを理解させましょう。

 

気をそらす

乗ってほしくない場所に猫が飛び乗ろうとしていたら、すぐにおもちゃを使って気をそらしましょう。

また、乗ってしまった後も、おもちゃで気を引きます。

猫を怒鳴りつけて叱っても逆効果なので、おもちゃで気を引いて自分の意思で降りさせるようにしましょう。

降りてきたら、一番お気に入りのおやつを与えるなどしてたくさんほめてあげます。

これを気長に続けることで、「この場所から降りるといいことが起きる」と理解するようになり、徐々に乗らなくなるでしょう。

 

しかけを作る

乗られたら困る場所にしかけを作っておく方法もあります。

「天罰方式」と言われているものですが、この方法だと「飼い主さんに嫌なことをされた」ということに猫は気づかないので、信頼関係は壊れません。

例えば、乗ってほしくない場所にガムテープを貼ったり、猫が乗った振動で大きな音を立てて落ちる物を設置しておきます。

猫は怖がって、その場所には乗らなくなるでしょう。

 

-猫をしつけするときのポイント