猫の複数飼いをするときのポイント

猫の複数飼い~新入り猫を先住猫のグループに仲間入りさせる方法~

DSC02199_DCE

image by stratman² (2 many pix and busy) (Flickr)

 

もともと複数の猫を飼っている家に新入り猫を迎い入れる場合、新入り猫が先住猫たちにイジメられてしまうケースが少なくないようです。

特に先住猫同士の仲が良いと、新入り猫へのイジメが起こりやすいのだとか・・・。

しかし、できることなら仲良く暮らせるようにしてあげたいですよね。

ここでは、新入り猫を先住猫のグループに仲間入りさせる方法について紹介したいと思います。

 

お互いが敵ではないことを認識させる

新入り猫を先住猫のグループに仲間入りさせるには、わざとケンカを継続させるという方法もあります。

ケンカをさせることで、自然とお互いの関係を構築させるのです。

しかし、この方法は失敗するリスクが高いので、あまりお勧めはできません。

 

では、どうすればいいのか・・・。

まずは、これ以上ケンカをさせない環境を作りましょう。

お互いが敵ではないことを認識させることが重要です。

その打開策としては、次の項以降のような方法があります。

 

新入り猫をケージに入れる

新入り猫をケージに入れて、先住猫たちから見えるところに置いてください。

ケージに入れることで、お互いに直接触れることができないのでケンカができない環境を作ることができます。

また、新入り猫を安全な状態で、先住猫や一緒に暮らしている人間に慣れさせることができます。

これを2週間ほど続けた頃には、かなり慣れているでしょう。

新入り猫が子猫の場合、特にこの方法は効果的です。

 

同じニオイを体につける

先住猫たちと新入り猫すべてに、同じニオイの猫用ローションをつけてみましょう。

同じニオイを体につけることで個々のニオイが薄くなり、「同じニオイがする!仲間だ!」とお互いに認め合いやすくなると言われています。

試してみてはいかがでしょうか♪

 

このような方法を数週間続けて、慣れてきたら先住猫と新入り猫を接触させる機会を作ってみましょう。

猫たちの様子を見ながらゆっくりと・・・☆

 

-猫の複数飼いをするときのポイント