トイレについて 子猫の育て方 猫のお世話 猫を迎えるときに最初にすること

トイレのしつけ&粗相をしてしまう原因

2015/12/09

1/12のおまえらちゃんず

image by hitoyam (Flickr)

 

トイレの場所は、猫を家に迎え入れた日から教えてあげるようにしましょう。

ここでは、トイレの教え方や粗相をしてしまう原因についてお話したいと思います。

 

トイレのしつけ

部屋に猫用トイレを設置しておくと、ほとんどの場合は自分から使うようになるでしょう。

ただ、猫が家に来た初日はトイレの場所を教えてあげましょう。

 

猫がトイレに行きたいときは、そわそわして落ち着かない様子だったり、周囲のニオイを嗅いでうろうろ動きまわったり、前足で砂をかく動作をします。

これらはトイレのサインなので、トイレに連れて行って静かに様子を見守ってあげてください。

 

そして、上手にオシッコやウンチができたら、たくさんほめてあげることが大切です。

数回できるようになれば、トイレを認識するようになるでしょう。

 

粗相をしてしまう原因

粗相をしてしまうのには、いくつか原因があります。

 

①トイレの場所が気に入らない

特に、人目を気にするタイプの猫の場合、トイレの場所が気に入らないと粗相をすることがあります。

人の出入りが多い場所や食事場所から近い場所にトイレを設置するのは避けましょう。

猫が落ち着いて排泄できる場所にトイレを設置することが重要です。

また、トイレの場所は、あまり頻繁に変えないようにしましょう。

 

②トイレが汚い

猫は、キレイ好きな動物です。

トイレが汚れていると使ってくれない可能性があるので、排泄物を見つけたらすぐに片付けるなど、常に清潔な状態に保っておきましょう。

 

③トイレ自体が気に入らない

こだわりの強い猫の場合、トイレ容器の形やトイレ砂が気に入らないと使ってくれないことがあります。

トイレ容器やトイレ砂は、様々な種類があるので色々と試してみましょう。

種類豊富な猫トイレ~気に入らないトイレは使ってくれない可能性も~の記事では、トイレ容器やトイレ砂の種類について記載しているので、参考にして頂ければと思います。)

 

④病気

病気の場合、排泄のときに痛みを伴うことがあります。

すると、“トイレ=痛い”と認識するようになり、トイレ以外の場所でオシッコやウンチをしてしまうことがあるでしょう。

 

⑤マーキング

猫は、もともとマーキングをする動物ですが、特に、引越しなどによって環境の変化があるときに自分を落ち着かせようとしたり、発情期の際に存在をアピールするためにマーキングをすることがあります。

高い位置で粗相をする場合は、マーキングと考えてよいでしょう。

逆に、床などの低い位置に粗相をしてしまうときは、単にトイレが気に入らなかったり、病気の疑いがあります。

 

猫が粗相をしてしまっても、絶対に叱らず、だまってすぐに掃除をしましょう。

猫は、自分のオシッコやウンチのニオイが残っている場所をトイレだと思ってしまうので、すぐに拭き取り、ニオイを残さないようにすることが重要です。

 

-トイレについて, 子猫の育て方, 猫のお世話, 猫を迎えるときに最初にすること