猫を迎えるときに最初にすること

猫を飼う前に~猫のいる生活を想像してみる~

2015/08/07

Scottish Fold (折耳猫)

image by Tom Thai (Flickr)

 

ペットショップなどでかわいい猫を目の前にすると、「飼いたい!」と思ってしまうもの。

でも、ちょっと待った~!即決してしまうのは、飼い主さんにとっても猫にとっても良くありません。

猫の寿命は約10年~18年です。もっと長生きの子は20年以上生きます。

責任を持って最後まで一緒に暮らすことができるのか、よく考えたうえで飼いましょう。

 

猫は室内飼いが基本

猫は、基本的に室内で飼います。

子猫のときから室内で飼われている猫は、犬のように外に散歩に行かなくても大丈夫です。

ただ、もともと野良猫だった子は窓を開けた瞬間などに外に出てしまうことがあるでしょう。

 

私の実家の猫は野良ちゃんだったので、注意をしていてもふとした瞬間に外に出て行ってしまうことがあります。

幸い?臆病な性格のため、家の敷地内で遊んで帰ってきてくれますが、なかにはそのまま姿を消してしまう子もいます。

そんなことになったら、「交通事故にあったのではないか?」と心配で仕方ありませんよね・・・。

 

また、外に出ると他の猫とケンカをしてケガをしたり、病気をもらってきたり、近所にご迷惑をかけてしまうこともあるので、室内で快適に暮らせるようにしてあげましょう。

猫が快適に暮らせる環境作りは、「猫の飼育環境」をご参考にしていただければと思います。

 

どうしても外に出たがる猫ちゃんの場合は、一度、猫用のリードを試してお散歩をしてみてはいかがでしょうか?

たまに、猫ちゃんの散歩をしている飼い主さんを見かけます♪

 

どんな猫を飼いたいか考える

猫は基本的に、おもちゃにじゃれてみたり、高い場所に登ったり、猫同士で元気に追いかけっこをしているなーと思ったら、次の瞬間には昼寝をしている・・・といった非常にマイペースな性質を持っています。

 

ただ、人間と同じようにルックスも性格も違うので、飼い主さんが猫と一緒にどのような生活がしたいのか、猫に費やせる時間が多いのか少ないのかなどによって選ぶ猫は変わってくるでしょう。

 

例えば、長毛種の猫を飼いたいと考えていても、その場合は毎日ブラッシングが必要なので、お手入れに時間がかけられない飼い主さんには向いていませんよね。

猫を飼いたいと思ったら、そのようなことも考えたうえで自分に合った猫を探しましょう。

 

-猫を迎えるときに最初にすること
-